最後に手にしたいもの

  • 作者名: 吉田修一
  • ジャンル: エッセイ・紀行
  • 掲載誌・レーベル: 翼の王国books
  • 出版社: 木楽舎
  • 電子版発売日: 2019年08月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

大人が、自分自身に満足するための25篇



巨万の富や名誉を手に入れたあと、次に人が欲しくなるのは、この夕焼け空なのかもしれない。(本文より)





『悪人』『横道世之介』『さよなら渓谷』『怒り』などの ベストセラーで知られる芥川賞作家・吉田修一が、 日々を懸命に生きている大人たちに贈る、 どこまでも前向きで心に沁みる50篇のエッセイです。



大人たちを縛る「記憶」との上手な付き合い方がしみじみ伝わってくる 『泣きたくなるような青空』の25篇、

自分自身がいかに唯一無二でユニークなのかをあらためて自覚できる『最後に手にしたいもの』の25篇の、2冊同時発売。



また、出版業界としては異例の

・紙書籍

・電子書籍

・audible(本を耳で楽しむオーディオブック)



の3媒体同時発売!

掲載誌・レーベル

大人たちを縛る「記憶」との上手な付き合い方がしみじみ伝わってくる 『泣きたくなるような青空』の25篇、自分自身がいかに唯一無二でユニークなのかをあらためて自覚できる『最後に手にしたいもの』の25篇の、2冊同時発売. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心.

『泣きたくなるような青空』は、大人たちを縛る「記憶」との上手な付き合い方がしみじみ伝わってくるエッセー25篇、『最後に手にしたいもの』は、自分自身がいかに唯一無二でユニークなのかをあらためて自覚できるエッセー25篇が収録されています. 紙媒体、電子版に加え、音声版も発売されています. 木楽舎より、芥川賞作家・吉田修一さんのエッセイ『泣きたくなるような青空』『最後に手にしたいもの』が2タイトル同時刊行. 吉田修一『最後に手にしたいもの』の感想・レビュー一覧です. 読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます. 吉田修一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. また最後に手にしたいもの (翼の王国books)もアマゾン配送商品なら通常配送無料. アマゾンならポイント還元本が多数. フィーベル家の長男、シンシア=フィーベルは変わり者 魔術の知識量はえげつないのに思考は脳筋 魔術技能はかなり残念だが身体能力は抜群 おおよそ魔術師とは思えない人物だ そんな彼を取り巻く世界は、 … 吉田 修一『最後に手にしたいもの』の感想・レビュー一覧です. 日々を懸命に生きている大人たちに贈る、 どこまでも前向きで心に沁みる50篇のエッセイです. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心. Amazonで吉田修一の最後に手にしたいもの (翼の王国books). 電子書籍版の無料試し読みあり.