椎の若葉

  • 作者名: 葛西善蔵
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています. 波郷 椎若葉少女子も.

椎若葉 例句を挙げる. とくに『椎の若葉』や『湖畔手記』(いずれも大正13)などは詩情があり、哀愁ある心境に達した作品となっている. 波郷 椎若葉坂にもあへぎ訪ね来しか. 「椎若葉」を使用した俳句についてまとめてみました. 白秋 赤松の 木群しづけき ここの宮 椎の若葉の 時いたりけり. さはやかに風光りゆく椎若葉 軸丸 光義 まてば椎若葉もりもり小公園 高澤良一 随笑 人にのみ歳月ありて椎若葉 北. 椎若葉 けむる月夜の うつつにも 燈とぼす窗か 珠數かがりつつ. 我輩の葉は最早朽ちかけてゐるのだが、親愛なる椎の若葉よ、 君の光りの幾部分かを僕に恵め」の「僕」の悲痛ともいえる自問自答は聞き手. 波郷 椎若葉一重瞼を母系とし. 波郷 椎若葉わが大足をかなしむ日. さらに、「椎の若葉に光りあれ、僕は何処に光りと熱とを求めてさまよふべ きなんだらうか. 大正7年の『子をつれて』が評判を呼び、大正11年頃までが全盛期となった.

我輩の葉は最早朽ちかけてゐるのだが、親愛なる椎の若葉よ、君の光りの幾部分かを僕に恵め.

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお. 椎の若葉に光りあれ、僕は 何処 ( どこ ) に光りと熱とを求めてさまよふべきなんだらうか. ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません. ※このブログはトラックバック承認制を適用しています. 季語「椎若葉」について【表記】椎若葉【読み方】しいわかば【ローマ字読み】shiiwakaba子季語・関連季語・傍題・類語など-季節による分類・「し」で始まる夏の季語・「夏の植物」を表す季語・ 人間墳墓の地を忘れてはならない.