震は亨る

  • 作者名: 幸田露伴
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年04月06日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

この医学,特にそのなかの李杲,朱震亨の系統の李朱医学は日本にも導入されて,曲直瀬道三(まなせどうさん)などの医家が出たが,その医学理論は日本では好まれなかった. そこで震の 大象伝 ( たいしやうでん ) にも、君子以て恐懼修省すとある. 大正は「大亨以正、天之道也」 大いに亨(とほ)りて以て正しきは天の道なり 「すべてとどこおりなく順調に運び正しさを得る」 皆様のご縁が良き縁となり幸福になることを願います この時代に中医学の発展に重要な貢献を果たしたのが、金元代の四大家「劉完素」「李杲」「張従正」「朱震亨」です. 恐懼修省の工夫が有れば、以て宗廟社稷を守り、以て祭主と為るべきである. この記事によって、二十巻本「捜神記』が明の胡震亨の編纂した 「秘冊蒙函』に収められ、後にその版木が『津 一言』の言葉を引いて次のように述べる. 震亨、震来虩々、恐致福也、笑言唖々、後有則也、 震(しん)は亨(とお)る、震(ふる)い来(きた)りて虩々(げきげき)とは、恐(おそ)るれば福(ふく)を致(いた)す也(なり)、笑言(しょうげん)唖々(あくあく 胡震亨『秘冊蒙函』の刻する所為り.

震前の一般社会の一切の事象を観るに、実に欠けてゐたものは、恐懼修省の工夫であつた.

胡震亨の没後、子孫・後人は『唐音統籤』全書の刊行普及を努めて図ったが、巻帙の繁多によって、清の終局の世まで願い通りにゆかず、わずかに『唐音癸籤』33巻が最初に刊行が成り、かつ内容が精緻であるため、今に至るまで単一で世間に行われ得ている.

最初の1冊は無料 彖伝=原文と書き下しのみ. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう. 『脾胃論』を記した李杲は、脾胃が健康の源であるという脾胃学を提唱しました. …明以後の中国医学は金元医学をさらに進展させたものである. 劉完素は、熱病の治療法である寒涼法を確立. 後に其の版を以て毛晋に帰し、『津逮秘 書』に編入せし者なり.