朝日新聞「日本人への大罪」

  • 作者名: 西岡力
  • ジャンル: 社会・政治
  • 出版社: 悟空出版
  • 電子版発売日: 2017年11月03日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

朝日新聞の「慰安婦捏造報道」により、日本は国際社会から「性奴隷国家」と呼ばれるに至り、日本人の名誉は著しく毀損されている。いったいなぜ、朝日新聞は無かった「慰安婦狩り」を鬼の首でもとった様に報道し、誤りが判明しても20年以上訂正しなかったのか。
なぜ朝日新聞はこれほどまでに日本を貶めたいのか。本書は1992年以来、朝日新聞の慰安婦捏造報道と真正面から戦い続けてきた著者による渾身の記録であり、その真相に迫る一冊である。

日本のみならず、世界中に間違った歴史認識を植え付け、日韓関係をこじらせた罪は果てしなく重い.

慰安婦問題の根っこをたどっていくと何がしかの思惑と利権に絡んだ日本人が火をつけた問題だったということになる. Amazon. 長年にわたって慰安婦に関する誤った報道を行っていたことを、ついに朝日新聞が認めた. 10/08/2014 · 朝日新聞の大罪日本人を、長きに亘り苦しめてきた嘘の売春婦記事で、天下の大新聞がお詫び記事で、許されると考えているのだろうか?この反日新聞は、正しく裁かれないのか? 多大なる、血税の流出 日本人に与えた自虐史世界. また朝日新聞はこれだけの誤った報道を繰り返し、日本と日本人を貶める結果を招いた責任は大きい. 一貫して朝日新聞の「慰安婦捏造報道」を追及し続けてきた著者は、「慰安婦は存在したが、何か解決すべき課題が残っているという意味の慰安婦問題は存在しなかった」と冷静に指摘しつつ、日本を貶めた朝日新聞の責任を厳しく追及する. com で、朝日新聞「日本人への大罪」 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください. ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください.