雨の回想

  • 作者名: 若杉鳥子
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年03月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

分類: ndc 914: 初出: 「婦人文藝」1934(昭和9)年9月号: 作品について: 降りしきる雨に、妾腹の子として生れてすぐ芸者置屋の養女に、そこからまた貧農の家へ里子に出された著者の幼児期への回想. seedaのアルバム「花と雨」を原案とした本作は、ヒップホッ 雨の匂いに誘われて、久しぶりに何十年も前の記憶が鮮やかに蘇った.

「花と雨」の舞台挨拶が本日11月1日に東京・tohoシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの笠松将と大西礼芳、監督の土屋貴史が登壇した. 6月の雨が呼び起こした、遠い遠いセピア色の記憶.

8 r lm ois wr macro (了). fujifilm x-t3 fujinon xf80㎜ f2. 梅雨が明けたら、ふらりと懐かしいあの場所に行ってみようか・・・. 天気の子・帆高の須賀圭介の出会いのシーンを回想 帆高が船(さるびあ丸)に乗っていたところ、突然の大雨が降ってきます. みんなが船内に避難するところ、帆高はなぜか甲板で雨を楽しんでいたところに、 突如大量の水の塊が 降ってきます.