桜川のオフィーリア 川に死体のある風景

  • 作者名: 有栖川有栖
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: e-NOVELS
  • 出版社: e-NOVELS
  • 電子版発売日: 2014年03月07日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

春の川に横たわる美しい少女の死体。彼女の亡骸を囲むように浮かんだ無数の桜の花びら。その光景は驚くほどの美しさで…。英都大学の一回生、アリスこと有栖川有栖は、ふと立ち寄ったキャンパスのラウンジで、先輩の江神二郎に出会う。アリスは、そのまま江神に誘われ、ふたりが所属する推理小説研究会の創部メンバーの一人、石黒に引き合わされる。石黒は、かつて自分の郷里で起きた事件について、江神に相談を持ちかけるのだったが…。江神シリーズ第四弾『女王国の城』につながる、ファン必読の読み切り短編!!(本作は「川に死体のある風景」をテーマとする読み切り連作小説の一篇です)

『聖域』で活躍する山岳遭難救助隊が登場する、大倉崇裕「捜索者」.

桜川のオフィーリア(有栖川有栖) 川に流れついた死体は桜をまといそれはそれは美しかった. その死体にはいったいどんなドラマと謎があったのか――. 彼女の亡骸を囲むように浮かんだ無数の桜の花びら. 【最新刊】桜川のオフィーリア 川に死体のある風景. 英都大学の一回生、アリスこと有栖川有栖は、ふと立ち寄ったキャンパスのラウンジで. その光景は驚くほどの美しさで…. 川に死体がある風景にもかかわらずどろどろしてなくてきれいで少し哀しいお話. 無料本・試し読みあり!春の川に横たわる美しい少女の死体. 東京の玉川上水を舞台に少年同士の愛憎を描く、歌野晶午「玉川上死」. 後味もわるくなくていいで … 川に死体のある風景 光射す美しい川面に、ゆらゆらと死体が流れてくる.