伊賀山精三君の「騒音」

  • 作者名: 岸田国士
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

作品名: 伊賀山精三君の『騒音』 作品名読み: いがやませいぞうくんの『そうおん』 著者名: 岸田 国士 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] 伊賀山精三君の『騒音』 岸田國士 伊賀山君の『騒音』を、最初読んで聞かされた時、僕は、いきなり、たうとう伊賀山君も、作家らしい作家になつたといふ気がし、この戯曲のもつ「真実性」が、単なる見せかけのものでないことを信じたのである. 伊賀山精三君の『騒音』 岸田國士 岸田國士全集22 伊賀山君の『騒音』を、最初読んで聞かされた時、僕は、いきなり、たうとう伊賀山君も、作家らしい作家になつたといふ気がし、この戯曲のもつ「真実性」が、単なる見せかけのものでないことを信じた.