雁の寺(全)

  • 作者名: 水上勉
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: 文春文庫
  • 出版社: 文藝春秋
  • 電子版発売日: 2011年11月25日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

頭の鉢が異常に大きく、おでこで奥眼の小坊主・堀之内慈念は寺院の内部になにを見、なにをしたか。京都の古寺、若狭の寒村、そして滋賀の古刹を舞台に、慈念の漂流がつづく。著者の体験にもとづいた怨念と、濃密な私小説的リアリティによって、純文学の域に達したミステリーである。昭和36年上期(第45回)直木賞を受賞した第一部の「雁の寺」につづく「雁の村」「雁の森」「雁の死」の四部作に新たに加筆し一冊に収めた、著者の代表作だ。

登録書籍は店頭にはございません. Amazonで水上 勉の雁の寺(全) (文春文庫).

水上 勉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. 倉庫で在庫管理しています. ある日、喪服姿の桐原里子が山門を潜った. 私は最初に新潮文庫『雁の寺/越前竹人形』で読みました.

洛北は衣笠山の麓、灯全寺派の孤峯庵は京都画壇の重鎮岸本南嶽の雁の襖絵で名高く、雁の寺ともよばれていた. また雁の寺(全) (文春文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料.

雁の寺(全) (文春文庫) Kindle版 水上 勉.

その後、「雁の村」「雁の森」「雁の死」と書きつなげ、全4部として完結されました. アマゾンならポイント還元本が多数. 南嶽の妾だが、彼の死後、遺言により孤峯庵の住職慈海を訪れたのである. 昭和36年上期(第45回)直木賞を受賞した第一部の「雁の寺」につづく「雁の村」「雁の森」「雁の死」の四部作に新たに加筆し一冊に収めた、著者の代表作だ.

しかし収載は第1部のみでしたので、文春文庫『雁の寺(全)』を買い求めました. ご来店される場合は事前にご連絡ください.