小春の狐

  • 作者名: 泉鏡花
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

小春とは晩秋から初冬にかけての晴天の日.

未来の歌舞伎の形を探る新しい挑戦の数々. もう圧巻!古典歌舞伎の復活上演がここまでの魅力的な作品になるのかと、感心しきり.

それらは今や大きなうねりになっている. 人生は老人になって冬で終わるのではなく、子供に返って春で終わるのではないでしょうか?小春の一日、散歩、仕事、読書、あなたは何する? 通し狂言 小春穏沖津白浪 ― 小狐礼三 ― 主役は小狐礼三[菊之助]という盗賊です. 菊之助がやってくれました!海老蔵、染五郎、そして勘九郎、七之助のここ数年の活躍.

他にも舩玉お才[時蔵]という女盗賊と、日本駄右衛門[菊五郎]も登場し、三人の盗賊の活躍を描いた物語です. 小春の狐 (新字新仮名、作品id:3551) 菎蒻本 (新字新仮名、作品id:3654) 作物の用意 (旧字旧仮名、作品id:33225) 三尺角 (新字新仮名、作品id:57477) 三尺角 (旧字旧仮名、作品id:4739) 【小春の狐-あらすじ】 山沿いの根笹の下を小さな流れが走っている村はずれ、軒から道へ出て、乱れた髪の、紺の筒袖を上っぱりにした古女房が、小さな笊に盛られた、真っ黄色な茸を覗いている. 『小春/国木田独歩』の狐人的な【読書メモと感想】.