西村美代子 作品集

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

蝶の一生は短く、その美しさには限りがある。自庭で舞う蝶に魅かれ、共感し、モチーフとして作品に描く西村。作中の蝶は常に人々の周りにいるが、その形はもはや実在する蝶ではない。心の中にのみ存在する蝶なのだ。