無間地獄(上)

  • 作者名: 新堂冬樹
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 幻冬舎
  • 電子版発売日: 2011年08月26日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

金のためなら財産どころか命も狙う闇金融を営む富樫組若頭の桐生は膨大な借金を抱えたエステサロンのトップセールスマンの玉城をカモにしようとする。端麗な容姿と巧みな話術で女たちに高価な商品を売りつけていた玉城は、桐生の仕掛けたワナにはまってすべてを奪われる……。金と己れだけ信じて這い上がる暗黒の魂のレクイエム!

在阿鼻地獄裡,罪人將永受苦難,沒有間斷,所以又被稱作「無間地獄」. 阿鼻地獄原爲佛教所說,後被道教吸收並加入漢地的民間信仰的看法. 犯五逆罪者 永墮此界,盡受終極之無間. 【“ 涅槃經 ” 上所說的無間地獄】 地藏菩薩本願經卷上:如是等輩,當墮無間地獄, 千萬億劫,以此連綿,求出無期 “ 佛曰:無間有三,時無間,空無間,受者無間. 阿鼻地獄(梵語: Avīci Naraka ),也譯為無間地獄、金剛地獄.

抗爭者一方面遭受支持「保皇派」的群眾暴力襲擊,同時要面對警隊的催淚彈及橡膠子彈. 北愛的民主及民權運動在上世紀六十年代末興起,初期走「和理非」的抗爭道路,不過「保皇派」要維護本身的既得利益、堅決不讓步. 墜入無間地獄的不歸路.