王妃マルゴ(上)

  • 作者名: アレクサンドル・デュマ
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: グーテンベルク21
  • 電子版発売日: 2011年09月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

舞台はフランス・ルネサンスの一見はなやかな時代。だが新旧の宗教の対立はきわだち、聖バルテルミーの大虐殺で対立はクライマックスを迎える。シャルル9世は君主ではあったが、母親のカトリーヌ・ド・メディシスは隠然たる力をもち、シャルルの弟たちもそれぞれが次期の王位を狙っていた。こうしたなかでシャルルの妹マルゴはプロテスタント勢力の旗頭ナヴァール王アンリと政略結婚をさせられる。だがマルゴは披露宴の席で元恋人のギーズ公からなにごとかささやかれると「今夜、いつものように」という言葉をラテン語であたえるのだった。

アレクサンドル デュマ, Alexandre Dumas, 榊原 晃三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. 1/21/2017 · Amazonでアレクサンドル デュマ, Alexandre Dumas, 榊原 晃三の王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫). ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心.

アマゾンならポイント還元本が多数. マルゴはますます母や兄弟との溝を深くし、ラ・モールとの逢瀬を重ねます. シャルル9世に関しても、歴史上ではサン・バルテルミーの虐殺の重圧で死に至ったことになっていますが、映画では最後に マルゴの夫、ナヴァル公アンリと朋友となり、母后にもマルゴにも内緒にしていた家庭をみせるまでになっています. 「何者でもないあなたを愛する」と言った彼といる時だけ、 マルゴは王妃でも王女でもない女になれるのでした. また王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)もアマゾン配送商品なら通 … アレクサンドル デュマ『王妃マルゴ〈上〉』の感想・レビュー一覧です. 『王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)』(アレクサンドル・デュマ) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー). 読書メーターに投稿された約22件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます.