うつくしい子ども

  • 作者名: 石田衣良
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: 徳間文庫
  • 出版社: 徳間書店
  • 電子版発売日: 2012年03月09日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

学園都市を震撼させた9歳の女の子の猟奇殺人。犯人は、13歳の弟のカズシと判明。殺人現場に残されていたサイン〈夜の王子〉はカズシなのか?「本当のぼくは、どこにいる?」という弟の心を解明しようとする14歳の兄の闘い。感動のミステリー!

子供のころからの遊び場であった、その場所で起きてしまった事件は家族を一転ばらばらにさせてしまった. 『うつくしい子ども (文春文庫)』(石田衣良) のみんなのレビュー・感想ページです(716レビュー). 作者が温かく差し出すのは、灰色の海を漕ぎ続けるためのオール. またうつくしい子どももアマゾン配送商品なら通常配送無料. アマゾンならポイント還元本が多数. だからこそ、理解できない残忍さほど怖いものはない.

直木賞作家・石田衣良が描くミステリー中学生の少年犯罪を描く家族の心に添う物語人間は理解できないものに対して恐怖を抱く. 「うつくしい子ども」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→ニュータウンで起きた奥ノ山女児殺害事件の犯人「少年a」は「ぼく」の弟だった. 犯人として補導されたのは、<ぼく>の13歳の弟だった! 崩壊する家族、変質する地域社会、沈黙を守る学校・・・・. 石田 衣良作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. Amazonで石田 衣良のうつくしい子ども (文春文庫). またうつくしい子ども (文春文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料.

ある日突然に加害者家族となった少年.

残忍な事件が起こると私たちは、それを理解できる事件と理解できない事件とに Amazonで石田 衣良のうつくしい子ども. 感想など. うつくしい子ども(1999年5月 文藝春秋 / 2001年12月 文春文庫 / 2006年3月 徳間文庫) エンジェル(1999年11月 集英社 / 2002年8月 集英社文庫) 波のうえの魔術師(2001年8月 文藝春秋 / 2003年9月 文春文庫 / 2007年2月 徳間文庫) 1999年 単行本 文藝春秋刊(書き下ろし) 2001年12月 文庫 文藝春秋 緑豊かなニュータウンを騒然とさせた9歳の少女の殺人事件.