• 作者名: 水野仙子
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年03月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

脱殻(だっかく)とは. 金蝉脱殻(きんせんだっかく)は、兵法三十六計の第二十一計.

意味や解説、類語.

この過程を脱殻といいます. デジタル大辞泉 - 脱殻の用語解説 - [名](スル)1 ひながかえって卵の殻(から)から抜け出ること. 侵入した後、ウイルスは自身の膜を除去し、細胞内へrnaという遺伝情報を放出します. 敵軍が太刀打ちできないほど強大で、抵抗するほど損害が拡大するような状態のため、一時撤退して体制を立て直したいとする. このように、ウイルス細胞の膜が破壊されることによって核酸(dnaやrnaなど)が細胞内に侵入してくる過程を脱殻(だっかく)と呼びます. 脱穀. 「金蝉、殻を脱す」と読み下す. 2 穀粒からもみがらを取り除くこと. ② ウイルスの複製 脱殻によって細胞内に遊離したdnaやrnaなどの遺伝子は核の中に送り込まれます. 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています. [名](スル)1 ひながかえって卵の殻 (から) から抜け出ること.

脱殻が起こってから粒子が再構成されるまでの期間は、ビリオン(感染性のある完全なウイルス粒子)がどこにも存在しないことになり、この時期を暗黒期、あるいは日食や月食になぞらえてエクリプス期(eclipse period)と呼ぶ. この過程を脱殻と呼ぶ. - goo国語辞書は30万語以上を収録. 脱穀. m2タンパク阻害薬であるアマンタジンはこの脱殻を阻害します. 2 穀粒からもみがらを取り除くこと.