図書館法と出版界

  • 作者名: 中井正一
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年03月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

その一つは国立国会図書館の設立であり、その二は図書館法の制定であり、その三は、図書館学校のためにアメリカの費用でアメリカ教師を遣わしたことである. 終戦後、アメリカが図書館界に示した関心はまことに深いものがあった. 中井正一は「図書館法と出版界」にて、こう書いています. 248(2000年4月 20日発行)に,「横浜市立図書館の『勇気ある』決断―著作権法第30条によるコピーサ 終戦後、アメリカが図書館界に示した関心はまことに深いものがあった. 作品名: 図書館法と出版界: 作品名読み: としょかんほうとしゅっぱんかい: 著者名: 中井 正一 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] この意味で,学校図書館整備推進計画の策定に関して,図書館界と出版界が連 携し国や地方自治体に対して,施策の充実を求めてきていることは大きな意味があ る. B 図書館運営と出版界 複写をめぐる横浜市立図書館問題 国立国会図書館図書館研究所が発行する「カレントアウェアネス」No. 01年の「子どもの読書活動推進法」ならびに05年の「文字・活字文化振興法」施 それで本題なんですが、「図書館法と出版界」というのは、図書館を創る運動をやっておった中井正一のごくごく短い随筆です.

その一つは国立国会図書館の設立であり、その二は図書館法の制定であり、その三は、図書館学校のためにアメリカの費用でアメリカ教師を遣わしたことである.