図解 ソブリンリスク早わかり

  • 作者名: 中空麻奈
  • ジャンル: ビジネス・経済
  • 掲載誌・レーベル: 中経出版
  • 出版社: KADOKAWA
  • 電子版発売日: 2015年03月27日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

欧州危機、ユーロ危機の発端となったのが、ギリシャの財政だったことは多くの人がご存知だと思います。
しかし、主な国の債務残高(対GDP比)を比較すると、ギリシャは世界第2位です。
債務残高はつまりは借金の総額ですから、この比率は小さいほうがよいに決まっているのですが、ギリシャは債務残高が大きく積み上がっているだけでなく、そもそもGDPが小さいですから、この比率は相対的に高くなって当然です。
でも、ギリシャは1位ではありません。
では「世界第1位の借金国」はどこかというと、実は「日本」なのです。
日本の一般政府総債務残高は対GDP比で200%を超えており、ユーロ危機を他人事だとは言っていられない状況にあります。
このような状況にあるいまだからこそ、日本という国のリスク(ソブリンリスク)について、日本人である私たちはもっと理解しておく必要があると思いませんか?
よく週刊誌などでも「日本国債が大暴落する」なんていう話が出ていますが、これは机上の空論なのでしょうか、信憑性のある予測なのでしょうか。
「日本のリスクは本当に世界一大きくなっているのか?」
日本と世界のソブリンリスクについて、図解をまじえながらわかりやすく解説した一冊です!
※本作品の内容は紙書籍刊行当時のものです。

欧州危機が迫り、「ソブリンリスク」「財政破綻」が騒がれたが、巨額の財政赤字を抱える日本も他人事ではな … 「日本のリスクは本当に世界一大きくなっているのか?」 日本と世界のソブリンリスクについて、図解をまじえながらわかりやすく解説した一冊です! ※本作品の内容は紙書籍刊行当時のものです. 未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで図解ソブリンリスク早わかりを購入すれば、ポイントが貯まります.

しかし、主な国の債務残高(対gdp比)を比較すると、ギリシャは世界第2位です.

無料本・試し読みあり!欧州危機、ユーロ危機の発端となったのが、ギリシャの財政だったことは多くの人がご存知だと思います. しかし、主な国の債務残高(対gdp比)を比較すると、ギリシャは世界第2位です. Amazonで中空麻奈の{ProductTitle}.

しかし、主な国の債務残高(対gdp比)を比較すると、ギリシャは世界第2位です. 一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます. アマゾンならポイント還元本が多数. また図解 ソブリンリスク早わかり (1時間でわかる)もアマゾン配送商品なら通常配送無料. 本の通販 mibonではビジネス書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます. 【最新刊】図解 ソブリンリスク早わかり. 図解ソブリンリスク早わかりの本の通販、中空麻奈の本の情報. 図解 ソブリンリスク早わかり (1時間でわかる)の感想・レビュー一覧です. 中空 麻奈作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能.

一般書「図解 ソブリンリスク早わかり」のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより. アマゾンならポイント還元本が多数.