透き徹る秋

  • 作者名: 宮本百合子
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年03月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

底本: 宮本百合子全集 第十七巻: 出版社: 新日本出版社: 初版発行日: 1981(昭和56)年3月20日: 入力に使用: 1986(昭和61)年3月20日第4刷 晴れ渡った或る日、障子を開け放して机に向っていた. この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております. 何かの拍子に、フト眼が、庭の一隅にある青桐の梢に牽かれ、何心なく眺めるうちに、胸まで透き徹る清澄な秋の空気に打たれたのだ. 何かの拍子に、フト眼が、庭の一隅にある青桐の梢に牽かれ、何心なく眺めるうちに、胸まで透き徹る清澄な秋の空気に打たれたのだ. 世俗の人の住んでいる所.

俗界(ぞっかい)とは. 俗世間.

意味や解説、類語. - goo国語辞書は30万語以上を収録. 「はやくも破局は十分に―・んでいた」〈里見弴・多情仏心〉 - goo国語辞書は30万語.

底本名:宮本百合子全集 第十七巻 初版発行年月日:1981(昭和56)年3月20日 晴れ渡った或る日、障子を開け放して机に向っていた. 芽吹く.

わずらわしい世の中. めぐむ【芽ぐむ/萌む】とは. 「木々が―・む春」《季 春》「―・むなる大樹の幹に耳を寄せ/虚子」2 ある感情・状態などのきざしが見える. 透き徹る秋|本作品は青空文庫のタイトルです. 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています. [動マ五(四)]1 芽が出はじめる.