藤原定家の熊野御幸

  • 作者名: 神坂次郎
  • ジャンル: エッセイ・紀行
  • 掲載誌・レーベル: 角川ソフィア文庫
  • 出版社: KADOKAWA
  • 電子版発売日: 2014年03月14日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

熊野詣は、苦しければ苦しいほど来世の御利益が約束されるという非常に困難な旅であった。二流貴族の藤原定家が、不平不満を抱きながら後鳥羽院に同行した折の記録から、彼の人間的側面に迫った定家考。

神坂 次郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. 実際に熊野古道を歩けば、『藤原定家が・・・』と言うのを目にします. また藤原定家の熊野御幸 (角川ソフィア文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料. 立派に熊野古道の著名関係者です.

アマゾンならポイント還元本が多数. 割書は[ ]で、傍書きは( )で、又古い字でpcにない字は?で記入しています 藤原定家自筆本熊野御幸記(読み下し文) 熊野道之間愚記 略之 建仁元年十月 建仁元年(一二〇一)十月、後鳥羽上皇の熊野御幸に随行した藤原定家(新古今集選者の一人)の旅行記の原本である. 定家氏の苦痛(.

『熊野道之間愚記』は、藤原定家の日記『名月記』から後鳥羽院の熊野御幸に従ったときの部分を抄出したもの. 「後鳥羽院熊野御幸記」 「熊野幸庫記」「熊野御幸道之間記」「熊野詣記」などの別名があ … 4/5/2015 · Amazonで神坂 次郎の藤原定家の熊野御幸 (角川ソフィア文庫). 二流貴族の藤原定家が、不平不満を抱きながら後鳥羽院に同行した折の記録から、彼の人間的側面に迫った定家考.

ただ、内容の多くは同著者である『熊野まんだら街道』と所々. 幾つの時か忘れましたが、若い頃購読していた新聞の懸賞欄にあった『元禄御畳奉行の日記』という前進座の公演に応募し、当選したので観に行った記憶があります. 文庫「藤原定家の熊野御幸」神坂 次郎のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより. )の旅の記というか、文句言ってる話です. あんまり意味の分からない話だったような思いがあり、たぶん同タイトルの本も買って読んだという風に覚えています. 4/5/2015 · 藤原定家の熊野御幸と. 熊野詣は、苦しければ苦しいほど来世の御利益が約束されるという非常に困難な旅であった.