速水女塾に就ての雑談

  • 作者名: 岸田国士
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

これは当時の編輯者Y君が、特に臨時別冊発行の予定もあつて、十分に枚数をとれと気前をみせてくれた結果であるが、それでゐて、私は、百三十枚の原稿をやゝ遠慮気味で渡したのである.

1巻配信中!この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております. 「速水女塾」の雑誌版は原稿紙にして百三十枚であつた. えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:岸田 国士 作品名:速水女塾に就ての雑談 底本:「岸田國士全集27」 岩波書店 1991(平成3)年12月9日 初出:「文学座昭和24年8月講演・速水女塾 パンフレット」、1949(昭和24)年7月30日 文字遣い.

岸田国士の『速水女塾に就ての雑談』を無料で読むなら青空書院. 「速水女塾」について 速水女塾 「速水女塾」あとがき 速水女塾に就ての雑談 巴里素描 巴里で観たイプセン劇 巴里の新年 帆船の絵について 麺麭屋文六の思案(二場) 光は影を 「抽斗にない言葉」 「悲劇喜劇」広告 「悲劇喜劇」の編輯者として. 作品名: 速水女塾に就ての雑談: 作品名読み: はやみじょじゅくについてのざつだん: 著者名: 岸田 国士 [ 私の「速水女塾」は、幸ひ、久保田さんの演出といふことになつたが、実をいふと、私は、最善の結果が得られるだらうといふ安心が一方にあると同時に、相当痛いところを突かれ、場合によつて、荒療治を受けるだらうといふ覚悟をしている.