石を置き、花を添える

  • 作者名: 川崎徹
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 講談社
  • 電子版発売日: 2014年04月04日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花。埋められている「なにか」――問いは残されたまま「わたし」の記録は記憶を辿り、老いと死への思索に漂う。清冽なる本格小説集。

文章には不思議な味わいがある.

しかしその感慨は、最初のページをめくる頃には消えていた. 埋められている「なにか」――問いは残されたまま「わたし」の記録は記憶を辿り、老いと死への思索に漂う. 清冽なる本格小説集. 紙の本の購入はhontoで. 清冽なる本格小説集. ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花. 「雨や風は、走っている自分をより感じさせてくれた. 埋められている「なにか」――問いは残さ.

石を置き、花を添える/川崎 徹(小説・文学) - ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花. 埋められている「なにか」—問いは残されたまま「わたし」の記録は記憶を辿り、老いと死への思. ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花. たとえば最初の一編(全部で三つ)「石を置き、花を添える」にはこんな文章がある. ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花. 埋められている「なにか」――問いは残されたまま「わたし」の記録は記憶を辿り、老いと死への思索に漂う.