時間のかかる読書

  • 作者名: 宮沢章夫
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: 河出文庫
  • 出版社: 河出書房新社
  • 電子版発売日: 2016年10月02日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

脱線、飛躍、妄想、のろのろ、ぐずぐず――横光利一の名作短編「機械」を11年かけて読んでみた。読書の楽しみはこんな端っこのところにある。本を愛する全ての人に捧げる伊藤整賞受賞作の名作。

1日を「72時間」に増やすことができる「樺沢さんは何時間寝ていますか?」とよく質問されます. もっとも、こんな人間でも例えば赤川次郎の文庫本であれば1時間かからないかもしれませんね. 読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます.

Amazonで宮沢 章夫の時間のかかる読書 (河出文庫). また時間のかかる読書 (河出文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料. あなたの読書時間、世の中と比べてみませんか?. アマゾンならポイント還元本が多数. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心. しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです. 電子書籍版の無料試し読みあり. 宮沢 章夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能.

アマゾンならポイント還元本が多数. 01. 宮沢 章夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. 活字離れが進んでいる今の時代ですが、実際のところ、本を読む機会は減っているのでしょうか. Amazonで宮沢 章夫の時間のかかる読書―横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず. 読書については申し述べたいことは山ほどあれど、ご質問の範囲を超えますのでこの辺で終わります. 小説は400ページくらいだと6時間はかかるでしょうか. 宮沢 章夫『時間のかかる読書』の感想・レビュー一覧です.