少年に文化を嗣ぐこゝろを

  • 作者名: 中井正一
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

作品名: 少年に文化を嗣ぐこゝろを: 作品名読み: しょうねんにぶんかをつぐこころを: 著者名: 中井 正一 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] 「しみじみと感ぜ」の用例・例文集 - そのとき赦されのありがたさがいかにしみじみと感ぜられたであろうか. いつでも思うことですが、傑作の面をみていますと、そこに作者の魂をしみじみと感ずること. ここでも、個性は非常に高くつくものだ、ということをしみじみと感ずるのである. 少年に文化を嗣ぐこゝろを 旧字新仮名 大会を終りて 新字新仮名 図書館協会六十周年に寄せて ――大衆に奉仕する一大組織体へ 新字新仮名 図書館に生きる道 新字新仮名 図書館の未来像 新字新仮名 二十世紀の頂における図書館の意味 新字新仮名.