少年は白狼の巫女となり……

  • 作者名: 桐刻
  • ジャンル: 官能小説
  • 出版社: BCCKS Distribution
  • 電子版発売日: 2017年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

本当に美しいものを見たときは声が出なくなるということを知った。

一之宮士狼は少年ではあるが、おおかみの力を宿すことで白狼の少女、巫女へと変身することができる。それを知るのは家族である香奈と、友人の雄一だけのはずだった。
士狼は日夜、人々を脅かす存在幽鬼と戦っていた。
人々は知らない。
闇に紛れて生きる者たちのことを。
そしてそれらと戦い続ける存在がいることを。

しかしある晩、士狼は呪蘭と名乗る女性の姿をした幽鬼と出会う。その幽鬼の下腹部には人外の象徴とも言える巨根が生えていた。
少女の姿のまま犯される士狼。
触手の幽鬼や操られた生徒たち、獣人に犯される中で士狼はやがて牝犬としての悦びに目覚めていく……。

人々は知らない. 士郎は日夜、人々を脅かす存在幽鬼と戦っていた. それを知るのは家族である香奈と、友人の雄一だけのはずだった. この機能をご利用になるには会員登録(無料)のうえ、ログインする必要があります.

だが学校内には不穏で淫靡な気配が漂いつつあった. webに載せているバージョンにほんのりntr要素を足したものです. それを知るのは家族である香奈と、友人の雄一だけのはずだった. 人々は知らない. 一之宮士狼は少年ではあるが、おおかみの力を宿すことで白狼の少女、巫女へと変身することができる. 雄一を探せば助けてあげるという呪蘭の声に従い、士狼は雄一を探し出す.

しかしその身にはすでに雌としての快楽が深く刻まれていた. 一之宮士狼は少年ではあるが、おおかみの力を宿すことで白狼の少女、巫女へと変身することができる. それを知るのは家族である香奈と、友人の雄一だけのはずだった. 士狼は再び神気の力を纏って、雄一のために戦う覚悟をする. 2/26/2017 · 呪蘭に処女を奪われてしまったが、友人である雄一が士狼を助けてくれた. ボク、男の娘だけど女の子と間違えられて姫騎士様のパーティに入れられちゃったよ 一之宮士狼は少年ではあるが、おおかみの力を宿すことで白狼の少女、巫女へと変身することができる.