女の決闘

  • 作者名: 太宰治
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: オリオンブックス
  • 電子版発売日: 2014年04月04日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

人妻コンスタンチエが亭主の浮気相手と決闘する。浮気相手のロシア医科大学生、芸術家の亭主、三者からこの物語が描写される。森鴎外訳のオイレンベルグ「女の決闘」を太宰治が解説し更に新たな物語を創造する。太宰治の小説論が垣間見える。

(門) 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます.

数は少ないが、女同士の決闘も行われた. 男女平等が進むにつれ、男と女が決闘することが増えてくる気がしています. 昔は決闘というのは神聖な意味を持っており、一対一で戦って勝った者は神の加護があると考えられました. 初出 『月刊文章』1940年1月号~6月号 単行本 『女の決闘』(河出書房、1940年6月15日) 執筆時期 1940年4月上旬脱稿(推定) 原稿用紙 98枚 11世紀末から12世紀のデンマークの決闘裁判では、女は石をつけた紐を、男は棍棒を用い、男は下半身が隠れる穴の中に入れられた. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心.

作中にて解説されているオイレンベルク作、森鴎外翻訳の「女の決闘」も公開されています. 歴史考証という学術的意図・創作的意図により記載していますが、不愉快に思われる方はこの記事を読まないよう… 太宰 治『女の決闘 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です. 愛のため誇りのため、一対一(サシ)で戦う女たち 以前の記事「世界で有名な人物の「決闘(デュエル)」では、主に国同士の戦いの雌雄を決した決闘を見ていきました.

読書メーターに投稿された約15件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます. やはり大抵の場合は男の方が圧倒的に力が強いので、フェアじゃないこ … 注意!!本記事には未成年には相応しくない画像があります. 男が撃ち損なって棍棒で地面を3回叩いたとき、女が勝者となった. でも、そんなときに気になるのが、やはり筋肉量の差.