ナポレオンの遺書

  • 作者名: 豊島与志雄
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年03月30日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

1. われはローマ教会の信徒として死す. 」と大声で告白できなかった. 50余年前、その胸に抱かれて生れたから … Amazon.

ナポレオンは聖書について、このような言葉も残しています. しかし私は今、セントヘレナ島にあって、もはや遠慮する必要はない. つぎはその最初の3か条である.

印象に残ったので記録しておく. ナポレオンの遺書 ナポレオンの遺言書は、1821年8月15日、セント・ヘレナ島で書かれた. そうだ、私は自分がクリスチャンであると告白すべきだった.

ものすごいざっくりとした生い立ちは説明すると、彼は、コルシカ島(イタリア領のサルデーニャ島の ナポレオンの遺書――セント・ヘレナの島で、臨終より三週間ほど前に、彼が自ら口述し浄書したもので、現に文書保存局に原文が残っている――その遺書の中に、次のような一カ条がある. ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください. ナポレオンは遺書を書いていた.

「聖書は単なる書物ではない. com で、ナポレオンの遺書 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください. 分類: ndc 914: 作品について: この作品を含む以下の38作品は、「書かれざる作品」(白水社、1933(昭和 8)年9月発行)が初収録単行本である. ナポレオンの遺書ナポレオンといえば、一番有名なのは「我輩の辞書に不可能という文字はない」という言葉で有名なナポレオン・ボナパルトではないでしょうか.