夢に見たクリスマス

「君は妊娠しているのか?」町の新聞のゴシップ欄でリリーの妊娠の記事を読んだニックは、怒りもあらわに彼女のもとに駆けつけた。ことの起こりは数カ月前にさかのぼる。友人の結婚披露宴でリリーとダンスをしたニックは、彼女の中に自分と同じ孤独を見つけ、そのまま共に一夜を過ごした。次の朝、気づくと彼女は消えていて、その後なんの音沙汰もなかった。あのとき、たしかに彼女は不妊症だと言ったはずだ。僕をだましたのか? だが、もうそんなことはどうでもいい。今は生まれてくる子供を自分のものにするほうが先決だ。リリーには、前の妻と同じことは絶対にさせない。子供のためなら彼女との結婚だっていとわない。リリーが結婚を拒むのなら……そのときは法廷で争うまでだ。