猫の恋

  • 作者名: 嶋二
  • ジャンル: BLマンガ
  • 掲載誌・レーベル: MARBLE COMICS
  • 出版社: 東京漫画社
  • 電子版発売日: 2011年12月02日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

京都の老舗和菓子屋・鶴丸屋の若旦那である茅比呂は、店の番頭を努める幼なじみの克己に秘めた思いを抱いていた。自分をとても大切に扱ってくれる克己に茅比呂の恋心は募るばかりだが、先代の遺言を頑なに守り、あくまで「番頭」としての顔を貫こうとする克己。すれ違う思いに揺れ動く中、鶴丸屋の取引先社長である杜から「一緒に東京へ来ないか」と誘われた茅比呂は---

《季 春》「うらやまし思ひきる時. いわゆる発情期のことですが、猫の恋は女子主導ってご存知でしたか? 愛玩動物飼養管理士で自身も猫と暮らす筆者が、人間とはまったく異なる猫の繁殖行動と生理から去勢・避妊手術まで詳しくお話しします. 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています.

このページには、俳句の中に猫が詠まれているもの・・・ 「うらやまし思ひ切る時猫の恋」という越智越人の句はこの定家の歌をふまえたものである. 《季 春》「うらやまし思ひきる時―/越人」 - goo国語辞書は30万語以上を収録. 注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい.

意味や解説、類語. 両方に髭があるなり猫の妻 小西来山 猫の恋止むとき閨の朧月 松尾芭蕉 麦飯にやつるる恋か猫の妻 〃 京町の猫通ひけり揚屋町 宝井其角 「猫の恋」を使用した俳句についてまとめてみました.

猫の妻恋、恋猫、猫さかる、浮かれ猫、猫の夫、猫の妻、猫の契、春の猫、戯れ猫 通ふ猫: 関連季語: 猫の子: 解説: 恋に憂き身をやつす猫のこと. 掲載年月順です. 猫はとても可愛らしい動物で、特に子猫の仕草などの愛らしさには、たまらない魅力があります.

季語「猫の恋」について【表記】猫の恋【読み方】ねこのこい【ローマ字読み】nekonokoi子季語・関連季語・傍題・類語など・猫の妻(ねこのつま:nekonotsuma)・猫の夫(ねこのつま: デジタル大辞泉 - 猫の恋の用語解説 - 晩冬から初春にかけて、猫が交尾期にあること. 「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています. com 迄メール下さい. 猫の恋(ねこのこい)とは. 春の夜となく昼となく、ときには毛を逆立て、ときには奇 声を発して、恋の狂態を演じる. それらは多くの俳句にも詠み込まれてきましたし、猫に関係する季語もいくつかあります. ご希望の季語又は語彙がございましたら [email protected] 春が近づくと猫たちに恋の季節が訪れます. 晩冬から初春にかけて、猫が交尾期にあること.