龍馬(四) 薩長篇

  • 作者名: 津本陽
  • ジャンル: 歴史・時代
  • 掲載誌・レーベル: 角川文庫
  • 出版社: KADOKAWA
  • 電子版発売日: 2012年08月03日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された。さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける。一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った。これを救ったのは西郷隆盛だった。薩摩藩の庇護のもと、亀山社中を結成した龍馬は、念願の海運交易に乗り出す。長州再征の動きが強まるなか、龍馬は、新たな政権を作るために、旧怨を超えた薩長の連携が必要と考えていた。

龍馬 四、薩長篇 (角川文庫)の感想・レビュー一覧です. 龍馬(四) 薩長篇. 一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った. 禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された.

一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った.

西郷隆盛の援助のもと、亀山社中を結成した龍馬は、薩長提携の必要性を感じていた. 無料本・試し読みあり!禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された. これを救ったのは. さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける.

歴史的和解に向け遂に龍馬が起つ! 龍馬(四) 薩長篇 - 津本 陽 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める. さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける. 龍馬(四)薩長篇 津本陽 「気の毒じゃが、おんしを殺さんかったら、俺が死ぬきに」 身動きのとれなくなった敵の頸骨を、龍馬は気合とともに押す.

龍馬 (四) 薩長篇の詳細. 文庫「龍馬(四) 薩長篇」のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより.