流れる淫女

  • 作者名: 行枝ローザ
  • ジャンル: 官能小説
  • 出版社: いるかネットブックス
  • 電子版発売日: 2011年10月21日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

サヤカが目覚めると、そこは見慣れない部屋だった。病室では見慣れない男が自分を介抱していたが、ナルミがわざと名前を呼んだことで、彼が『シンジ』――現在の自分の恋人だと思い出す。その彼を「水がほしい」と追い出すと、期待通りに『あの人』が現れ、サヤカと熱くキスを交わしてくれた。

淫女、悪業、カルマ、ビッチ、なんて言葉が並びますが、ファンタジーな部分はちゃんとファンタジーです. 肉体の中を脈々と流れる淫美な性の欲望を女は四十になると飢えた獣のように晒け出す・・・. 羞恥、隷従、奉仕、緊縛、張形、露出. 私の肉体はイッてもイッても充たされません. 肉体の中を脈々と流れる淫美な性の欲望を女は四十になると飢えた獣のように晒け出す・・. DMM. どうしたというのでしょう私の肉体はイッてもイッても充たされません. その彼を「水がほしい」と追い出すと.

サヤカが目覚めると、そこは見慣れない部屋だった. 男を欲しがり腰が勝手に動いています. 病室では見慣れない男が自分を介抱していたが、ナルミがわざと名前を呼んだことで、彼が『シンジ』――現在の自分の恋人だと思い出す. どうしたというのでしょう. 流れる淫女 あらすじ:サヤカが目覚めると、そこは見慣れない部屋だった. 四十路 淫美の章1 宮下由紀子の作品詳細ページ.

病室では見慣れない男が自分を介抱していたが、ナルミがわざと名前を呼んだことで、彼が『シンジ』――現在の自分の恋人だと思い出す. 男を欲しがり腰が勝手に動いてい. それだけにホーリィさんのキャラが光ります. 幸せに暮らしていた人妻に過去からのおぞましき使者が! 麗しき女体に潜む魔性を封印していたはずなのに、 20歳当時の牝奴隷写真を見せられ、渚の理性が狂いだす.