列子 2

  • 作者名: 福永光司
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: 東洋文庫
  • 出版社: 平凡社
  • 電子版発売日: 2012年12月28日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

※本シリーズに使用している原版データは時間が経過している作品が多いため、一部不鮮明な箇所がある可能性がございます。ご了承下さい。
荘子に先だつ思想家,列禦寇に仮託された中国古代の一大説話集。原始道家の「道」の哲学を継承しながら,道家の哲学を幅ひろく展開する。神怪伝奇の虚構文学の先駆けをもなす。第2巻は,湯問,力命,楊朱,説符。

陵舄得鬱栖,則為烏足. 此過養乎?此過歡乎?種有幾:若䵷為鶉,得水為藚,得水土之際,則為䵷蠙之衣.

至於《列子》因與《列 子注》思想觀點有明顯差異,故作者不可能為張湛. 《列子》與《列子注》之我見 牟鍾鑒 * 本文首先對眾說紛紜的《列子》傳本提出看法,認為是在資料上保存了先秦古《列 子》的若干遺文,後經張湛編輯注釋,於是《列子》始流行於世. 子列子適衛,食於道,從者見百歲髑髏,攓蓬而指,顧謂弟子百豐曰:「唯予與彼知而未嘗生未嘗死也. 生於陵屯,則為陵舄.