恐怖の町

  • 作者名: 吉村一伸
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: いるかネットブックス
  • 電子版発売日: 2014年05月16日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

廃墟の家には、よく幽霊が出るとか、幽霊を見たという言葉を耳にする。まして殺人があったような所は、誰でもそんなイメージをいだく。テレビでも幽霊とか、写真に亡霊が写ったという番組を、時々放映している。これが家ではなく、町全体だったらどうだろう?もしかしたら、世界の何処かに、小説のような所があるのではないだろうか?それをこの小説で恐怖の体験してみては。

牧場物語のプレイヤーなら分かるでしょうけど、牧場物語では深夜になるとどこの家も閉まります.

マイルズはこの戦慄の事実を全世界に知らせるべく、恋人のベッキーと共に町からの脱出に奔走する .

ところがですよ、3つの里では深夜でも村人たち. もちろんスカイリムみたいなピッキングは出来ません. 手作り感溢れるが、まあこんなもんか. 「赤い手帳を持っていた」という人もいれば、「子供には顔がない」という人がいたりと、その情報はさまざまだ.

「プラム園」ではなく「恐怖の洞窟」としての方が有名かもしれないくらいのメインアトラクション. 今回は「スイッチバー」へ行ってきましたが、地獄だったのでご覧ください. 都市伝説のウワサが広がる町では、フード姿の子供が目撃されているという.

キャスト 1人映画、1人カラオケ、1人usjは経験済み.

これより先ネタバレ含まれます. 牧場物語 3つの里の大切な友だちにハマり中です. 町は宇宙から来た未知の生命体によって侵略されており、人々はそれに肉体を乗っ取られてしまっていたのだ. なるべくしたくない人生経験が豊富な38歳です. そして恐怖の洞窟. 現地で楽しみたい方は見ない方がいいかもです.