輝く日の宮

  • 作者名: 丸谷才一
  • ジャンル: 雑学・エンタメ
  • 掲載誌・レーベル: 講談社文庫
  • 出版社: 講談社
  • 電子版発売日: 2014年03月20日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。(講談社文庫)

意味や解説、類語. いくつかの説があり、 現在の桐壺の巻の異名. ; 現在の桐壺の巻の後半部分がかつて桐壺とは別の巻であったころの巻名.

丸谷才一の長編小説. 源氏物語の第1巻桐壺 (きりつぼ) の異称.

Amazonで丸谷 才一の輝く日の宮 (講談社文庫). 水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究.

作品紹介・あらすじ:女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた. 6章全てを異なる形式、文体で描き日本文学の可能性を極限まで広げ … 『輝く日の宮 (講談社文庫)』(丸谷才一) のみんなのレビュー・感想ページです(45レビュー). 電子書籍版の無料試し読みあり. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心. 『輝く日の宮』のテーマとは「幽霊」「時間」「レイプ」である.

輝く日の宮(かがやくひのみや、かかやくひのみや)とは、『源氏物語』においてかつて存在したが失われてしまったとされる帖の巻名である. 丸谷 才一『輝く日の宮』の感想・レビュー一覧です. 《古くは「かかやくひのみや」》源氏物語の登場人物、藤壺 (ふじつぼ) の異称.

美人国文学者が水の会社の役員との恋愛を経ながら、失われた源氏物語の一章の謎を解く. 丸谷 才一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. ; 現在の桐壺の巻の後半部分がかつて桐壺とは別の巻であったころの巻名. 輝く日の宮(かがやくひのみや、かかやくひのみや)とは、『源氏物語』においてかつて存在したが失われてしまったとされる帖の巻名である.