ひらひらと

  • 作者名: 神経症ラボ
  • ジャンル: BLマンガ
  • 出版社: ミネルバ
  • 電子版発売日: 2017年11月10日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

五十嵐は線が細くて見た目もきれいな男。
子供のころからかわいくてよく女の子と思われていたせいか
女の子っぽいと言われるのが大嫌い。

幼なじみの延行はそんな五十嵐のことがずっと大好きで
やっと付き合うことが出来たのだが、うっかり地雷を踏んで
五十嵐にキレられしまう。

何とか仲直りしたいと思う延行だったが、五十嵐に拒否られるのが怖くて
話しかけられないでいると……

22ページ収録。

「花びらがひらひら(と)舞い落ちる」「ハンカチをひらひら(と)させる」2 光がひらめいたり、炎が揺れ動いたりするさま. (歌いだし)風に揺られた花びらが落ちて 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです. ちえ姫のセクシーリラクシング・ヴォイス 是非手にとって聴い. デジタル大辞泉 - ひらひらの用語解説 - [副](スル)1 薄くて軽いものが揺れ動くさま. ひらひらとは. 「霊剣を抜かせ給ひければ、夜のおとど―として電光にことならず」〈平家・一一. [副](スル)1 薄くて軽いものが揺れ動くさま. 作詞:山田太一,作曲:芦沢和則. 波打つようにガブリエルが咲きだしました朝晩と日中で気温が違い過ぎるせいか、ちょっと形が面白いものや蕾かと思いきやパカーッとすぐ開くもの、コロンコロンとカップ咲きになっているもの等、選り取り見取りです. 「花びらがひらひら(と)舞い落ちる」「ハンカチをひらひら(と)させる」2 光がひらめいたり、炎が揺れ動いたりするさま. 一枚目:コロンコロンなガブリエル.

「霊剣を抜かせ給ひければ、夜のおとど―として電光にことならず」〈. 12/1/2010 · 詞・曲/香美野 ちえ 編曲/萩田 光男 ・発売2010年12月22日 予約は12月6日からです. 意味や解説、類語. 飯田圭織の「ひらひらと」歌詞ページです.