二流の人

  • 作者名: 坂口安吾
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年12月08日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

「一流」「二流」「三流」の違いは、たったそれだけです. 第一話 小田原にて. 黒田官兵衛(黒田如水)を主人公とした歴史小説である.

「三流」を見て、「二流」を知り、「一流. お酒が飲めない人は、採用しない わが社の新卒採用では、新卒選考の過程で、「武蔵野トリビア」(全 10問の質問に「はい」「いいえ」で答えて.

休日にバレる「仕事も人生も二流の人」の末路 「二流の老後に転落」するのは、こんな人です. 「一流」と「二流」では、何が違うのか?その違いを必死で考えた人が、「一流」へと登って行き、何も考えずに毎日を生きた人が、「三流」へと落ちて行く. 権謀術数にかけては人に譲らないほど秀でていたが、二流の武将に甘んじた黒田如水を独自の. 「第一話 小田原にて」「第二話 朝鮮で」「第三話 関ヶ原 」の全3章から成る.

『二流の人』(にりゅうのひと)は、坂口安吾の中編小説.

二流の人 坂口安吾. 人一倍義理人情の皮をつけた理窟屋の道学先生、その正体は天下のドサクサを狙ひ、ドサクサまぎれの火事場稼ぎを当にしてゐる淪落の野心児であり、自信の. の如き本能をもつて盲目的に小さな頭をだしてくる.