• 作者名: 山本甲士
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 小学館
  • 電子版発売日: 2016年06月17日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

日常にむかついている人にオススメ小説。

腑に落ちない出来事、ままならない日常。どんなにムカついても腹が立っても、「猫をかぶった状態」でやり過ごすのが、普通の大人である―が、仮面が一度剥がれてしまったら!?  市役所に勤務する岩室とペット葬儀社で働く手原は、新興住宅街の隣人同士。小さな誤解からお互いに始めてしまった嫌がらせが、職場や家族までも巻き込んでエスカレート。後悔しながらも引くに引けず、どこまでもヒートアップする泥仕合に目が離せない!

田植え休み.

慰労日.

どろおとしを標準語に変換. 六月に田植ょー、済まいて一服するんを、どろおとし、ゆうんで(六月に田植えを済ませて一服するのを田植え休みと言うのさ) - goo辞書は国語、英和、和英、百科事典等からまとめて探せる辞書検索サービス.

どろ 【意味】 どろとは、水が混じってやわらかくなった土. 【どろの語源・由来】 どろおとし (広島の方言) とは.

ドロ.

フリーアイコン、フリーヘッダーを除き、イラスト転載に関しては現在一切許可しておりません. 雑です. 泥川恵です.