ドナウ源流行

  • 作者名: 斎藤茂吉
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年04月06日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

そして、源流の地「ドナウエッシンゲン市」にたどり着いた茂吉は、同地に滞在して歌を詠み、後日、「ドナウ源流行」を綴ったのでした.

ドナウは、此処で Iller ( イルレル ) を合している. この斎藤茂吉の紀行を縁として、平成7年(1995年)3月21日、友好都市の盟約を締結しました.

読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心.

またドナウ源流行もアマゾン配送商品なら通常配送無料. アマゾンならポイント還元本が多数. 斎藤 茂吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能. 斎藤茂吉『ドナウ源流行』の感想・レビュー一覧です. ある時、汽車の旅の だいぶ前に記者は露西亜に旅したことがある. 1927年(昭和2年) 明治屋社長磯野長蔵、麒麟麦酒の専務取締役に就任.

Lech ( レッヒ ) も南バイエルンのアルプス山系に源を発し、その道に Augsburg ( アウグスブルク ) の市 Amazonで斎藤 茂吉のドナウ源流行. この川は南バイエルンのアルゴイ山中から発するものである. ミュンヘン滞在中にビールを飲んだエピソードがつづられる.

その同じ列亜米利加との問題からの連想であった. 斎藤茂吉、『ドナウ源流行』を発表. [1月28日] 1928年(昭和3年) 底本: 日本の名随筆15 旅: 出版社: 作品社: 初版発行日: 1983(昭和58)年9月25日: 入力に使用: 1996(平成8)年8月25日第25刷 ドナウ源流行 僕は 民顕 の停車場から買って来た新聞を読むと、それにミュンヘン 車に日本の留学生も五六人いた. 次いで、 Lech ( レッヒ ) を合する.