敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

気の合う仲間とだけでは、成し遂げられないことがある。
職場でも取引先でも地域でも多様な人との協働が必要な時代。
政府、市民、ゲリラまでも巻き込み困難な状況に向き合った著者から学ぶ前進の方法。

「対話は必ずしも最善の選択肢ではない」
世界50カ国以上で企業の役員、政治家、軍人、ゲリラ、市民リーダー、コミュニティ活動家、国連職員など多岐に渡る人々と対話をかさねてきた、世界的ファシリテーターが直面した従来型の対話の限界。
彼が試行錯誤のすえに編み出した新しいコラボレーションとは。

・部署間や取引先との協働を進めたいと願う企業の担当者、マネジャー、経営者
・新製品・サービス開発、新規事業、イノベーションなどを担う担当者
・組織内外にネットワークを広げ、連携を図る人
・対話ファシリテーターや組織開発・コミュニティ開発のファシリテーターなど
職場から、社会変革、家庭まで、意見の合わない人と協働して成し遂げなくてはならないことのある、すべての人へ。
相手と「合意」はできなくても、異なる正義を抱えたままでも、共に前に進む方法。
SNSを開けば自分と同じ意見が流れ、住む場所や働く相手も、自由に選びやすくなった現代。
仲間を見つけやすくなった反面、自分とは異なる人を「敵」にするのも容易になっている状況だからこそ、意義深い1冊。

アマゾンならポイント還元本が多数. ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心. 05. Amazonでアダム・カヘン, 小田理一郎, 東出顕子の敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法. 店の敵とのコラボレーション 賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法 / アダム・カヘン:9320578ならYahoo. 2018 · 敵とのコラボレーション 賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法.

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法と類似の本; この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります. 更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日.

著者 アダム・カヘン (著),小田 理一郎 (監訳),東出 顕子 (訳) 気の合う仲間とだけでは、成し遂げられないことがある−.

HMV&BOOKS online Yahoo. 電子書籍版の無料試し読みあり.

ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販. 考えに賛同できない人、信頼できない人、自分が敵と見なしている人と、あなたは協働できていますか? 今回は、アパルトヘイト問題という、政府、市民、ゲリラを巻き込んだ大変複雑な問題を解決してきた世界的ファシリテーターのアダム・カヘンに学び.

11.

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法 アダム・カヘン 著 / 小田理一郎 監 / 東出顕子 訳 / 英治出版 / 2,160円(税込) / 208ページ アダム・カヘン『敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法』の感想・レビュー一覧です. アダム・カヘン, 小田理一郎, 東出顕子作品ほか、お急ぎ便対象商品は.