道 ――ある妻の手紙――

  • 作者名: 水野仙子
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年04月06日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

ある一人の男性が家に帰ったら妻が去っていた.

底本: 叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』 出版社: 不二出版: 初版発行日: 1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷 重吉は、一途に愛し続けた最愛の妻である登美子(とみ)と、まだ幼い娘. 手紙を書く一手間に価値がある.

これによると妻は現在ある男と一緒に違う場所で生活を始めたという. 私(29歳男性)は妻子ある身ですが昨年3月までとある女性(28歳独身)と不倫を半年間しました. これに対して夫は誰もが驚く返信を妻に向けて送ったのである. 何度も不倫を終わらせようとしましたが、彼女は再婚を求め、いつしか私もそれに応じ「離婚して再婚しよう」と言い合っていました. — 作家の手紙. で話しをしていた 夕焼 あの夕焼のしたに 妻や桃子たちも待っているだろうと 明るんだ道をたのしく帰ってきた 陽二よ なんという いたずらっ児だ 陽二. その.

正直なところ、手紙を書くのってとても面倒くさいです.

手紙は事前に準備するものだから時間に余裕があり、文章構成や表現、文法など納得するまで書いては消し、書いては消しの繰り返し. 家に残されていたのは妻からの一通の手紙だけ.