• 作者名: 谷崎潤一郎
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: オリオンブックス
  • 電子版発売日: 2016年06月10日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

盲目でありながら天才的な三味線の技量を持つ春琴と丁稚奉公の佐助。類いまれな美貌でありながらわがままで高慢な春琴。どんな仕打ちにも耐える佐助。やがて何者かが春琴の屋敷に侵入し熱湯を浴びせてしまう。醜く焼けただれた顔を誰にも見せたくないと言うと佐助は自ら針で自分の目を潰してしまう。過去何度も映画化や舞台化された作品。※読みやすくするため現代の言葉に近づけていますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

「春琴抄」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→大阪の薬商人の家に生まれ育った春琴は9歳の時に視力を失って、以後は三味線の稽古に励んでいきます. そんな彼女に付き添って何くれとなく世話を焼いているのが、奉公人の佐助です.