初恋の記憶

  • 作者名: 霧原一輝
  • ジャンル: 官能小説
  • 掲載誌・レーベル: 特選小説
  • 出版社: スコラマガジン
  • 電子版発売日: 2011年11月25日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

大学時代の同窓会に出席した川原洋一は、かつての恋人詠子に再会することを密かに期待していた。ところが現れたのは彼女の娘の結衣で、詠子は亡くなったと聞かされる。思い出すのは彼女との最後のセックス。あれを越える情交はなかったと思いを馳せる洋一。結衣に会って3ヵ月後、再び彼女と会い、ホテルのバーで酒を飲み、そのまま部屋へと向かうふたり…。かつての恋人の面影がある娘と熱い情交の果てに、洋一を待っている運命とは!?

なぜなの 『初恋 夏の記憶』(はつこい なつのきおく)は、イワン・ツルゲーネフの小説『初恋』を現代日本を舞台に翻案した日本. が、なぜかそれぞれ人は語りたがりませんが、私(男)も、特に女性は「自分の初恋の相手とその心境」を鮮明に意識として残っています. 【初恋の記憶って美化しがちですよね…】 一方でわたしが気になったのは、「自分の先見性を確かめたい」「初恋相手が自分史上最高の人だった」という意見. 今回は初恋の人を思い出す理由や会いたいと思う理由、再会した時の心理などをご紹介します. 私の“初恋”のときめきを児童恋愛小説3冊に託して 今日は『初恋』の気分を思い出したい気分. 子供の時に読んだ小説の方が大人になってから読んでいる恋愛小説よりも初恋をストレートに表現してくれている気がします.

初恋の人の思い出はありますか?初恋の人の思い出は年を重ねても忘れることはなく、むしろ年齢を重ねるごとにどんどんと記憶に定着し、光り続けるものです. 「初恋なんて覚えていないよ」なんていう方がいましたら、まぁ、それもアリなのだと思います. 甘酸っぱい記憶を思い出す.