部長の大晩年

  • 作者名: 城山三郎
  • ジャンル: 小説
  • 掲載誌・レーベル: 新潮文庫
  • 出版社: 新潮社
  • 電子版発売日: 2013年04月05日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

彼の人生は、定年からが本番だった。三菱製紙高砂工場では、ナンバー3の部長にまでなり、会社員としても一応の出世をした永田耕衣。しかし、俳人である永田にとって会社勤めは「つまらん仕事」でしかない。55歳で定年を迎えた永田は、人生の熱意を俳句や書にたっぷり注いで行く。異端の俳人の人生を97歳の大往生まで辿りながら、晩年をいかにして生きるかを描いた人物評伝の傑作。

Amazonで城山 三郎の部長の大晩年 (新潮文庫). ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください. 城山三郎『部長の大晩年』(新潮文庫) 俳人・永田耕衣の晩年に限った伝記 最初に、城山三郎『部長の大晩年』(新潮文庫)のモデルである、俳人・永田耕衣の句のいくつかを引いておきます. ※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります. アマゾンならポイント還元本が多数. 城山 三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能.

ここからは想像を逞しくしていくしかない. 何故、題名で城山が「部長」に拘ったのか を考えることは興味深い. 三菱製紙高砂工場のナンバー3の部長で終えた永田耕衣(1900-97年)は若い時から俳人であった.

55歳で定年を迎え、毎日が日曜日の40年以上に及ぶ「晩年」の時間を俳句や書にたっぷりと注ぎ、そして97歳で大往生する. あらかじめご了承ください. 三菱製紙の工場で部長をたまたまやっていただけであるとも言えるのだ.

夢の世に葱を作りて寂しさよ 朝顔や百たび訪はば母死なむ 城山三郎「部長の大晩年」を読了. そんな永田を書いた本書の題名が「部長の大晩年」である. また部長の大晩年 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常 … 部長の大晩年 全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください.