白塔の歌 ――近代伝説――

  • 作者名: 豊島与志雄
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年04月06日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

黒田清輝展 近代日本洋画の巨匠 (茨城県近代美術館) ¥1,080 宮中見聞録 (木下道雄) ¥1,100 徳川慶喜公伝 全4巻 東洋文庫 (渋沢栄一) ¥4,950 底本:「豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)」未来社 1967(昭和42)年11月10日第1刷発行 初出:「白塔の歌 ――近代伝説――」弘文堂 底本:「豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)」未来社 1967(昭和42)年11月10日第1刷発行 初出:「白塔の歌 ――近代伝説――」弘文堂 安珍・清姫伝説(あんちんきよひめでんせつ)とは、紀州 道成寺にまつわる伝説のこと. その、「北冥之鯤、南冥之鵬」という聯がついてる小亭からは、遙かに、北海公園の小山の上の喇嘛の白塔が見えました. 」 返事を躊躇してる二人をそのまま、彼女は池の中間の小亭へ上ってゆきました. 思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを内 …. 今日、も一度、歌をうたいたくなりました.