「敗北の文学」について

  • 作者名: 宮本百合子
  • ジャンル: 小説
  • 出版社: 青空文庫
  • 電子版発売日: 2012年04月06日
  • コンテンツ形式: EPUB, PDF, MOBI, FB2, TXT, Online
  • サポートされているデバイス:
    モバイル: iPad, iPhone, iPod, Kindle, Android, eReaders
    デスクトップ: PC, Mac, Linux

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

滞在中に西欧旅行など経たのち1930(昭和5)年11月帰国.

11501/1708534 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title) 敗北の文学 タイトル.

芥川氏の文学的軌跡を「敗北」とみなす宮顕の感性について、少々疑問を挟まざるをえない.

「敗北の文学を書いた頃」と同書末尾の水野明善氏の解説も参考にした.

1927年12月湯浅とともにソ連に外遊. 「敗北の文学」について. 最初に. 以後ロシア文学者湯浅芳子と同居生活に入る. この間「伸子」執筆に専念. なるほどな〜. 言わずと知れた、芥川龍之介を若き日の宮本顕治が「敗北の文学」として批評した一文である. 読む前は、もっと杓子定規で教条的な感じかと思っていたら、意外と面白かった. 敗北の文学 著者 宮本顕治 著 出版者 真理社 出版年月日 1949 請求記号 a910-179 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000835522 DOI 10.